NYスタイルのお料理教室ーNYCookingのブログ 東京目黒&ニューヨーク Since 2004

美味しい、簡単、見栄えがする!その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
NY在住20年。身近な材料を使って「NYらしいお料理」「役に立つお料理」の提案をしています。
目黒駅から徒歩1分。ニューヨーク教室:マンハッタン、ハリソン他

2016年10月


20161002 P1160282
20161002 mapotofu

 こんにちは。
ついこの間まで暑い、暑いと言っていたのに、もう10月ですね。
私は、こちらでの滞在もあと数日。帰る支度を始めています。

10月17日から目黒教室再開です!
10月のクラスメニューとスケジュールをこちらのブログでもお知らせしますね。

エスニックフードがしばらく続いたので、
10月は毎日のお惣菜に役に立つチャイニーズを久しぶりにすることにしました。 

​メインディッシュは、リクエストをいただいた「豚肉とセロリの炒め物」
セロリ、にんじん、シイタケなどの野菜がたっぷり入った元気になれそうな一品です。
野菜からのダシもたくさん出るので、美味しいですよ。
 
そのほか、普通の麻婆豆腐もリクエストをいただいていたので、
入れることにしました。
どうして「普通」なのですか?と聞かれたのですが、 
前回の変わりマーボー豆腐、「鶏ひき肉の味噌麻婆」が好評で、
今度は普通のを作りたい、というをリクエストをいただきました。

マーボー豆腐はカレーと同じくらい役に立ちます。
レトルトを使わなくても作れるようになると、化学調味料の味もなくなって、
とても嬉しいです!
もう一品は「トマトと卵の炒め物」
いつも冷蔵庫にある材料で作れるシンプルなお料理ですが、
この組み合わせはとてもおいしいです。
自分が好きなので(笑)
メニューに入れさせていただくことにしました。
炒め物で時間がかかると思いますので、
サラダとスープは簡単な物を作る予定しています。
東京に帰ってからお知らせの予定です。
スイーツは、柿を使ってプリンを作ろうと思いますが、
熟した柿が手に入らない場合は、
他のものになることがあります。
こちらも東京に帰ってから決めさせていただくことになると
思います。

今回のメニューは、普段のお食事にも繰り返し作れる
お役立ちメニューばかりです。 

お申込み受付中です

メニューや日程やお申し込み方法は、
こちらのリンクからご覧ください。

HP:クラスメニューとスケジュール

目黒の方たちとは、しばらくぶりになりますね!
次回のクラスも楽しみにしています!

20161001 P1400709(2)-450

コーシャーフードの老舗、「カーネギーデリ」が79年の幕を閉じることを決定しました。

昨日は、このニュースで衝撃!

フェイスブックのフィードに上がってきたときに、
あれ!?何か読み間違えてる?と思ったのですが、やはりそうでした。

日本のガイドブックにも必ず載っていて、NYに来たらこれを食べる!っていう人も
多かったはずです。

すごく有名なお店で、ハリウッドのスターやセレバティーも通っていて、
写真がたくさん張ってあります。
「嵐」もあります

閉店の理由は、
ガス管の違法接続で9か月閉店していたこと、などがあげられています。
いろいろあるみたいなので、詳しくはこちらのリンクで
http://time-az.com/main/detail/57105

どんな事情にしろ、老舗の閉店は寂しいです。



コーシャーフードとは、ユダヤ人の伝統料理のこと。
日本ではあまりなじみがないですが、おいしいものがたくさんあります。

ご存知のところでは、「ニューヨークスタイルチーズケーキ」も実は、コーシャースタイル。
20161001 P1400699(2)-450

そのほか、名前はご存知かもしれないけど、

パストラミ
コーンビーフ(Corned Beef で、コンビーフじゃないよ!)

20161001 P1400673(2)-450
マツボスープ

20161001P1400689(2)-450
ポテトパンケーキ

20161001 P1400664(2)-450
ピクルスも、コーシャーレシピでおいしく作られてます。


 パストラミとは、牛のバラ肉(正確にはブリスケットと呼ばれる部位)に
塩やスパイスをまぶして、簡単に言うと〆たもの。
これを燻製にして、保存食にします。

それをスライスして、そのまま食べてもいいし、カーネギーデリでは、
サンドイッチも名物でした。
マスタードがあいます。

20161001 P1400682(2)-450

ニューヨークはユダヤ系移民の方たちがほかの地域よりも多いので、
ニューヨークフード=コーシャーフードというイメージもあります。

人が集まる→その人たちが食べる食が発展する、というのがアメリカの食文化。

デリは1937年開店ということですから、ちょうど第2次世界大戦前で、
ヨーロッパから逃れてきたユダヤ人が大量移民してきたころですね。

その人たちに慣れ親しんだ味を届けるために、開店したお店です。

 

NYに20年近くいますが、やはり20年は長い。。。
NYにも大手のスーパーマーケットなどがどんどんできて、
伝統料理やエスニックフードが消えていっています。

(余談ですが、代わりに日本食は台頭!)

以前NYにお友達が来てくださったときに、
ぜひ、コーシャーフードを体験していただきたいと思って
「カーネギーデリ」にご案内しました。

その時の様子をブログにあげていましたので、
リンクをつけておきます。→http://ameblo.jp/nykirara/entry-11455734983.html



 

↑このページのトップヘ