DSC04238 (4)-450
ビーフブルギニョン
明日のクラスの分、作りました↑↑
鍋も移し替えて、これから保存です。

ビーフブルギニョンは、
シチューを作る工程を終了した後、しばらく煮込みます。

クラスの時間内には出来そうもなかったので、
教室では、前もって作ったものを食べていただくことにしました。

実際にクリスマスで作るときも、
前の日に作ってしまったほうがいいので、
同じ状態のものを試食していただけて、こっちのほうがいいです。

去年の「ラザニア」の時も、同じだったな、と
思い出しました。

DSC03738 (4)-450

長時間煮込む、ということで気になるのがガス代ですが、
以下、東京ガスのサイトからコピーさせていただきました。

 【ガス料金の目安】
■強火で1時間加熱した場合      約37円
  (2.97kW×3.6MJ/h×1h÷45MJ/m3×156.11円/m3)
■中火で1時間加熱した場合      約21円
  (1.68kW×3.6MJ/h×1h÷45MJ/m3×156.11円/m3)
■弱火で1時間加熱した場合      約 5円
  (0.38kW×3.6MJ/h×1h÷45MJ/m3×156.11円/m3)

【算定条件】
・強火2.97kW 中火1.68kW 弱火0.38kW
・1kW=3.6MJ/h
・ガス料金156.11円/m3
・ガスの発熱量45MJ/m3

※上記料金は温度や気圧などによっても異なりますので、目安としてご参照ください。

弱火だと約5円

これだったら、料金を気にすることはないですね。

IHも調べてみましたが、
こちらは弱火で、1時間14円ぐらい。


あとは、時間がかかるのが気になると思いますが、
冬は、火を入れているおかげでキッチンも暖かくなる、と思ったら
そんなに悪いことではないかもしれないです


冷ます時間も考えて、計画的に作ってください。

P1320295 (2)-450
ニューヨークにいた時に作った
「ビーフブルギニョン」の作り方で作った日本のカレー

茹で卵入り、のところもポイント高いです。
ジャガイモやゆで卵にカレーの味がしみて、すごくおいしいです。
「おでん」のイメージです(笑)

これも、弱火でコトコト煮るようにすれば、
日本でもできる!と思いました。


ビロードのようにつやつや、滑らかなカレーができる人気のレシピです。

これもあわせて、クラスの時にお知らせしようと思います。

実は、こっちのほうがリピート率が高くて、
役に立つ!って言われています

お知らせ
ビーフブルギニヨンのクラスは、
11月25日(金)と12月1日(木)のクラスに空席があります。
通信クラスもあります。
☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら
送信フォームより、ご連絡ください。

******************************************
美味しい!簡単!見栄えがする!
その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
目黒駅から徒歩1分!

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com
☆ 以前のブログはアメブロ →こちら
☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/