DSC06292 (4)-350
今月のメニューの、バッファローチキンウィング


教室では、さっくりと説明していますが、
ここでもう一度しっかりと。

発祥の地は、NY州の北西部に位置するバッファロー市
ナイアガラの滝の近くです。
ニューヨーク州では、第二の都市です。

NY州って、実は南北に長くて
北のほうはカナダの国境に接しています。
意外ですよね。

ここにあるアンカーバー(Anchor Bar)というお店で、ある日
ソースに使うために鶏のガラを注文したところ
間違えて、手羽がたくさん来てしまって、
それを使って何かを作ろうと、作ったのが始まり。

ただ、その前に子供たちにこんなのを作っていたみたいですね。

バッファローチキンウィングが有名になったのは、
1980年代にNBCの「トゥデイ」という朝のワイドショーにオーナーがが出演し、
バッファローウィングを調理したこと。

流行ったのは、美味しいのもそうですが、
フライドチキンよりも火が通るのが速いのが理由だそうです。
(アメリカらしい!これもいつものことですね。)

アンカーバーは有名なので、旅行者は必ず立ち寄って、
そして、バッファローウィングを注文します。
(お店の画像のリンクを下につけておきました。)

教室に、以前アメリカに住んでいた時にこのバーの近くに住んでいて、
お友達が来るたびに連れて行ってあげたので
何度もここに行った、という方がいらっしゃいました。

うらやましすぎる

急に、身近に感じられましたよ!
DSC06163 (2)-450

それから、ソースのことですが
アンカーバーからもオリジナルソースのボトル入りが売られているのですが、
調べたところによると、

これは、日本へは輸入が禁止されているのだそう。

ですが、ユウキとウィル社というところから同じものが出ていて、
Amazonでも買えるのがわかりました。

ユウキ ウィル/バッファローオリジナル 354ml
ユウキ食品




 



もうひとつ、アメリカでよく使われているのは、


 

ホットソースは、お店ではあまり見かけなかったのですが、
アマゾンで「ホットソース」と入れて検索すると、
まるで、アメリカのスーパーマーケットにいるかのように、
いろんなのがたくさん並んで出てきます

でも、私は、教室で作ったオリジナルソースも結構おいしかったと思うので、
当分はそれで手軽に作ってしまおうかな、と思っています。

ソースの処理は、ボトルで買った時も
教室でしたのと同じです。


Wikipediaにもありますが、
ハンバーガーやフライドチキン、ピザ、などと比べて
知名度がぐっと低いバッファローチキンですが、
一度知ると大好きになる人がほとんどです。

今回は、NYに住んでいたことがあって、バッファローチキンが大好きな人たちには、
これがこんなに簡単に自分のうちで作れるとは!
東京でもこれが食べれるなんて!
と喜んでいただいています。

これまで知らなくて、初めて食べた人たちも
大好きになってくださいました。

スポーツ観戦の時には、これがあるとぐっと盛り上がると思います。

日本はスポーツイベントがたくさんあるから、
そのたびに作って、楽しく盛り上がるのもいいと思います。
ビールがあいます!

もう、家で作れますから
どんどん作って、楽しんでください。

アメリカ気分ですね。

バッファローチキンの歴史については、Wikipediaで

こちらのリンクには、
バッファローチキンのソースについて、くわしい説明が出ています。
よく、まとまっています。
http://buffalowings.co.jp/sauce/index.html

Anchor Bar の画像はこちら




スマホのホーム画面に、このブログのアイコンを付けることができます。
アイコンをタップすればブログが開くので、アクセスが、ずっとしやすくなりますよ!

つけ方は、こちら
http://nycooking.blog.jp/archives/65880440.html

クラススケジュールは、このページのいちばん下やPC版のサイドバーからも見ていただけます。2回目以降のお申込みも、このブログからしていただけます。

HPのクラスメニューとスケジュール、初めてのお申し込みはこちら

********************
美味しい!簡単!見栄えがする!
その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
目黒駅から徒歩1分!

HP:教室のご案内→www.nycooking.com
以前のブログはアメブロ →こちら
インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!
  教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
  https://www.instagram.com/nycooking/
  NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tokyo_newyork
  https://www.instagram.com/nycooking_tokyo_newyork/