DSC09988 (2)-2
スイカを食べると、大きな皮が残りますよね。

私も今回、スイカのアクアフレスカを作って、皮がたくさん残りました。

さっさと捨ててしまえばいいのですが、
どうも皮のほうが栄養があるらしい、という話で。


調べたら、こうでした。

スイカにはシトルリンというアミノ酸の1種が実の2倍含まれています。
シトルリンの効能は、

●血管を広げて血行をよくする。冷え性防止、代謝をあげる、など
●腎臓の働きをサポート、むくみ解消、デトックスなど

ちなみに、スイカの実のほうは、

●ビタミンCとカリウムが豊富
●リコピンも豊富なので、抗酸化作用が強い。

やはり夏の食べもの。
スイカも、スイカの皮も、熱中症予防には役に立ちます。
実、皮、関係なく、どちらも食べてしまいましょう!


それで、スイカの皮ですが、結構食べている人いるんじゃないかな、と思って
レシピを調べてみたら、いろいろありました。

まず、皮付きのまま、上の写真のように5センチぐらいの拍子切りにします。
そのあと、白と緑のところにナイフを入れて、固いところを落とします。
実際にやってみたら、意外!!!
白いところはすごく柔らかいので、さっくり切れます。
DSC09756(3)

皮を落として、食べやすい大きさにしました。
ピンクが少し残っているところもいいです。
初めてだったので、白を多く残してしまいましたが、
もう少し皮に近くても大丈夫だったと思います。

一番簡単なのは、この状態でパクパク食べてしまうこと。
熱中症対策で、ちょっと塩をつけてもおいしいですよ。
DSC09996 (2)-2

確かに、赤いところのほうがおいしいですが、
栄養があると思ったら、そんなに嫌なものでもありません。
これで、処理できるんだったら、という思いもあります。

次に、ネットでレシピを調べてみて、アレンジして、漬けてみました。
中華風ですが、おいしいです。
DSC09992 (2)


DSC09999 (2)-2

わかったのは、その日に食べてしまうほうが、翌日やそのあとよりもおいしい。
繊維が柔らかいので、水が出やすく、味がしみ込みやすいです。

漬けたりせずに、薄く切ってサラダに混ぜたりするのもいいかもしれないですね。
甘みのあるキューリみたいです。

つけ汁レシピも付けておきますが、
私はその前に、塩を漬けてパクパク食べちゃうんじゃないかな、と思っています。
いいおやつです。

つけ汁のレシピ
スイカ、切って150g(1 1/2カップ)に対して、

しょうゆ 小さじ2
米酢 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
しお ひとつまみ
ごま油 小さじ2



 ブログのトップページに戻る

料理教室のお申込み受付中です。
クラススケジュールとお申し込みは、
● 目黒教室の現在募集中のクラスの一覧
● NY教室の現在募集中のクラスの一覧 よりご覧ください。

美味しい、簡単、見栄えがする!
その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
NYCooking
目黒駅から徒歩1分
NY教室:マンハッタン、ハリソン他


 ホームページ:目黒&NY教室のご案内 
 インスタグラム:教室のお料理 
 インスタグラム:東京とニューヨーク 
 Facebook


 スマホのホーム画面に、このブログのアイコンを付けることができます。アイコンをタップすればブログが開くので、アクセスがしやすくなります!
つけ方は、こちら