2020 1213 ローストターキー NYCooking

2020 1213 ローストターキー2 NYCooking

2020 1213 サンクスギビングのお料理2 NYCooking

2020 1213 サンクスギビングのお料理 NYCooking

2020 1213マンダリンオリエンタル風チョコレートムース NYCooking

ようやく無事に最後の日を迎えることができました。

来年1月10日にもう一度追加クラスがあるので正確には1月になりますが。

ここまでに焼いたターキーは、試作を入れて全部で10羽。
話すと笑われます(笑)

9月にクスパ様とアメリカ家禽鶏卵協会からタイアップレッスンのご案内をいただき、 もしかしたら日本でもターキーが焼けるかもしれないと思ってから2ヶ月半です。

ニューヨークで作っていたのと全く同じターキーが作れるようになりました。

付け合わせもほぼ同じにできました。

特にクランベリーソースがニューヨークで食べていたのと全く同じ、しかも手軽に作れるようになったのは、私にとって「今年起きたことで良かったことのひとつ」になるくらいの一大事です。
2020 1213 クランベリーソース NYCooking

あんなに、あんなに好きだったのに、もう東京で食べれないんだ、と思っていたので。

2020 1213 ローストターキー3 NYCooking

この日もターキーが焼けていくにつれてどんどんテンションが上がりました。

ちょっと色が薄いですが、勇気をもって(?)ここでやめて大正解!
(色については、以前のブログで何度か書いているとおりです。)

ターキーの丸焼きを始めて食べられた方たちは「おいしい、おいしい!」とすごく嬉しそうにお食事されていらっしゃいました。

以前ご友人のお宅でターキーの丸焼きを食べさせて頂いてからその味が忘れられず、是非作り方を知りたいとおっしゃって、初めてご参加をくださった方もいらっしゃいました。

「作り方がわかってよかった。ぜひ、作ります。」と言ってくださいました。
いらしていただけてよかったです。

以前アメリカに住んでいらした方で、日本でも毎年ターキーを焼いていらっしゃるという方は、「教室ではどんな焼き方をするのだろう」とご興味を持ってくださっていました。

アメリカのサンクスギビングでは、アメリカ中のほとんどの家庭がターキーを焼くわけですが、それぞれのおうちで、それぞれの焼き方があります。
よそではどうやっているんだろう、と思うし、美味しく焼くためのいろんなヒントを知るのは楽しいですね。

私の焼き方は、アメリカの義理家族の焼き方を継承しています。
初めて食べた時、「本当に美味しい!」と思いましたので、何も変えていません。

レッスンレポートがクリスマスを過ぎてしまいましたが、今年のクリスマスにはたくさんの皆様が焼いてくださいました。

またひとつ、楽しいおうちイベントが増えていたらうれしいです。

一年に一回ファイルを出して、同じように作る。それでいいです。
私もしばらく続けると思います。


このクラスは、クスパ様とアメリカ家禽鶏卵輸出協会様とのタイアップレッスンです。料理教室検索クスパ


ブログのトップのページに戻る

料理教室のスケジュールとお申し込みは、
● 目黒教室のスケジュール
● NY教室のスケジュール 


美味しい、簡単、見栄えがする!
その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
NYスタイルのお料理教室ーNYCooking SInce 2004

目黒駅から徒歩1分
NY教室:マンハッタン、ハリソン他


 ホームページ:目黒&NY教室のご案内 
 インスタグラム:教室のお料理 
 Facebook