やる気にさせる料理教室(旧・NYスタイルのお料理教室)NYCooking 東京目黒&ニューヨーク Since 2004

美味しい、簡単、見栄えがする!その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
NY在住20年。身近な材料を使って「NYらしいお料理」「役に立つお料理」の提案をしています。
目黒駅から徒歩1分。ニューヨーク教室:マンハッタン、ハリソン他

カテゴリ:目黒教室 > 目黒教室のお料理とスイーツ


DSC03310 (2)-002-400
チャイニーズ2のクラス、終わりました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

私は毎回同じお料理を食べていましたが(笑)、全然飽きませんでした。
まだ、自分で作って食べたいくらいです
野菜がたくさん食べれるのも、本当にうれしいメニューでした。
(麻婆豆腐、全部の回で褒められました
DSC03240 (2)-450

次回は、11月15日(火)のタイ料理のリピートクラスです。
そのあとはいよいよ、クリスマスメニュー(ビーフブルギニョン)のクラスが始まります。

どちらもお席が少なくなってきていますので
ご参加をご希望くださる方は、お問い合わせください。
☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら



昨日のクラスもすごく盛り上がりました!

そして、はじめからいきなり、たくさんのフィードバックをいただいて
嬉しかったです。
あっという間に、にぎやかになりました!


シナモン、どんどん使うようにしています。

最近はオートミールを毎朝食べるのが当たり前になっていて、
一日のスタートはまずコレです。調子がいいような気がしますよ

ラザニア、何度も作っていつも冷凍してありますよ。便利で、おいしいです。

ビーフブルギニョンを作ると、家族が感動して、とっても喜でくれます。
(NYでのクラスで、受講済みの方)

鶏肉の味噌麻婆、うちで好評です。あの麻婆豆腐もおいしかったですよね。

そして、お料理を完了したあとには、
今日のメニューを今週末の家族の集まりで全部作っておもてなししよう!
という方がいらしたので、
ブログにおもてなしの時の段取りを書いたので、それを参考にして!
とお知らせしました。

あとは、目のツボ押しをしたら本当にスッキリしました、って
お知らせもいただきました。よかった!



教室をしていると、たくさんの方たちとこんなコミュができて、
楽しいやら、嬉しいやらで、
ありがたいな、って思います

このブログは、アクセスがたくさんある”すごいブログ”ではありませんが、
教室に通ってくださっている方たちとコミュできる場所にできるといいな、と思いながら
書いています。

次回のクラスまではしばらく間があるので、
お会いできない間にも何かお知らせできることがあるといいんですよね。

だから、別にすごいアクセス数がなくていいんです。
教室のことを知っている方たちが覗いてくださって、
なにかのきっかけにしてくださったり、役に立てたりしてくださったりすると、
よかった!、と思います。

これからも、引き続きどうぞよろしくお願いします


人気のオートミールの記事:http://nycooking.blog.jp/archives/65875708.html

シナモンの記事:http://nycooking.blog.jp/archives/65877538.html

中華のおもてなしの段取りの記事:http://nycooking.blog.jp/archives/65878700.html


 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/ 

DSC03435 (3)-450

小松菜が店頭にたくさん並ぶようになりましたよね。
冬になったら、必ず食べたい野菜です。


東京に住み始めたとき、ニューヨークで買える大好きな緑の野菜、
「ケール」が東京で買えないのが残念でした。

ケールというのは、青汁の素で知られていますよね。
見るからに体にいい野菜、という感じで、実際そうです。

ニューヨークにいるときは、たくさん食べています。
448-P1100641-2

その代わり、というか、小松菜を見かけたときに
日本には小松菜っていうすごい野菜がある(笑)と思いました。

濃い緑でいかにも栄養がありそうだし、冬になると毎日お店にたくさん並んでいるし、
お値段も買いやすい。
ちょっと苦みがある味も好きです。 

これはいい!、です。

小松菜の栄養
粘膜や皮膚を強化するビタミンA、発がん物質の作用を弱めるビタミンC、
細胞の老化を促す過酸化脂質を抑えるEと、3大ビタミンを多く含むのが特長です。
あと、カルシウムがホウレンソウの4倍


食べたほうがいいですよ!

DSC03085 (2)-450-2
「小松菜とハムの炒め物」

DSC04953 (2)-450
お惣菜のクラスの時に添えた「小松菜のナムル」


小松菜大好き、の人が多いと思いますが
実は、東京で採れる野菜です。

昔から江戸川区の小松川あたりで多く作られ、
その土地の名前に由来して、「小松菜」という名前が付けられたのだそう。
江戸川区のサイトにも書いてあります。

以前は、東京都が収穫量一番でしたが、今は埼玉県。
それでも、東京都は2番目です。

そんなこともあって、とても身近に感じる野菜。

うちでは、冬の間は家に小松菜がなくなると、必ず買っています。
どんどん食べましょう!

アメリカのケールもいいですが、東京の小松菜もいいです。
 

小松菜の名前の由来
江戸川区公式ホームページ 

DSC03647 (5)-400
日曜日のクラス、
昨日もおしゃべりがたくさんで盛り上がって楽しかったです。
お話がはずんで延長になってしまいましたが、皆さん大丈夫だったでしょうか?

昨日のクラスで、
「これだけ作るのだったら同じように作っておもてなししたいですね!」、
なんて言っていただけました。

おうちで手作り中華が何点か一緒に出てきたら、うれしいですよね。

でも、中華は炒め物が多いので、おもてなしには難しいです。
やはりおもてなしの時には、オーブン料理や温めなおし、前もって用意できるお料理、
がおすすめです。

でも、せっかくなので
今回のクラスメニューでもおもてなしができないか、考えてみました。

出来そうですよ!



クラスメニューを全部一度に作るときは、
3日計画で、とよく言ってますが、3日間ですることの基本は同じです。

2日目の頑張って働く日ですが、

DSC03401 (2)-450
まず、マンゴプリンが一番最初に作れますね。
作って、冷蔵庫に入れて、終わりです。

お料理の合わせ調味料を作って、胡麻ドレッシングを作っておきます。

豆苗を切って、水をちゃんと切って、冷蔵庫に保存。
トッピングも作って別にしておきます。

DSC03114 (3)-450
酸辣湯、全部作れます。
片栗粉のとろみが気になるかもしれませんが、数日後に自分で食べたときは、
そんなに気になりませんでした。
スープの味がおいしかったので、そっちのほうが嬉しかったです。

余裕があれば、とろみをつける前まで作って、当日そのあとをする、
という方法もありますが、
ほかのお料理と一緒に仕上げようとすると大変になると思うので、
時間に余裕をもってできるようだったら、そうすればいいと思います。

DSC03000 (3)-450
豚肉とセロリの炒め物。
全部作ってしまって、冷蔵庫に保存。
お出しする前に、電子レンジで温めなおしです。


DSC03014 (2)-450
麻婆豆腐。
とろみをつける前までや、肉みそを作るところまで作っておく、というのも
ありだと思いますが、私は全部作ってしまうと思います。
これもタッパーに入れて保存。
お出しする前に、フライパンや鍋で温めなおします。

片栗粉を入れた後の工程、しっかり守ります。

DSC02980 (5)-450
トマトと卵の炒め物。
トマト、ニンニクなど、必要なものを切って、仕込みをしておきます。
これの調理は、お出しする前にします。

こうすると、3品は温めなおしで対応、一品調理、できます。
豆苗のサラダの仕上げ(ドレッシングとあえる)のは、卵のお料理の前のほうが
いいですよ。あえるのに、時間がかかるので、慌てそうです。



もちろん、作り立てがおいしいですが、
お友達が来てから慌てたり、ひとつ作った後にほかのお料理が冷めたりするより、
お料理がタイミングよく出てくるほうが、楽しく過ごせます。

電子レンジで温めなおし?と思うかもしれませんが、
実は、教室でもやってますよね(笑)
だれも、そのせいで味が落ちてる、とも思わないようですし、
みんな、「おいしい!」って言って食べてくれています。

だから、気にしているのは自分だけ、っていうこともあります。

それから、ご飯を炊くのを忘れないで!



2日目は頑張る日ですが、
3日前には、野菜を切ったりする、合わせ調味料やドレッシング、
マンゴプリンも作っちゃったりして、できそうなところはやっておくと次の日が楽です。
あと、お掃除と、お皿の計画などはしてしまったほうがいいですね。

読んでいると大変そうですが、
6品も作るので、多少大変になるのは仕方ないとして。

でも、計画してやっていけば、無理なくできる範囲だと思います。

あとは、普段からこれらのお料理を作って、自分でも食べていること。
それから、数日後に温めなおして食べてみて、自分もおいしい!って思えれば、
自信をもってお出しできます。

みんなが集まっておしゃべりが盛り上がれば、
お料理はパーフェクトでなくても大丈夫です。

食べて、飲んで、楽しい時間を過ごす!
これが一番大事です。
DSC03257 (4)-400


 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/


DSC03645 (4)-450
今週末は、土・日の二日ともクラスです。
チャイニーズのクラスも後半に入って、火曜日で終わりです。
たくさんのご参加をありがとうございました。

クラスが後半に入ってきて、
「このクラス、やってよかった、このメニューでよかった!」
と、思えるのは嬉しいものです。

作っているのを見ているだけで、ご飯が食べたくなってくるメニュー!
試食まで待つのが辛い、クラスです。

昨日も途中で、「おいしそ〜、今、食べたい!」の声が続きました。
DSC03647 (2)-450
麻婆豆腐、また褒められました!!
どんどん作ってくださいね!
私も大好きです♡

中華のメニューはみんなが好きですが、
意外と家ではおいしく作れないことが多いです。
なので、レトルトが多く出ているんですよね。
それから、油を多く使うのが嫌だから作りたくない、もあるかもしれないです。

P1570325 (2)450
「豚肉とセロリの炒め物」も
炒め物とはいうものの、野菜は炒めないので、
さっぱり、おいしく食べれます。

セロリってあまり食べないけど、
これで食べる機会が増えそう、の声もあります。

野菜がたくさん食べれるお料理で、免疫力アップです!
P1570416 (2)-450

それから、昨日はお茶の先生をされている方がいらして、
ご自宅で作られた「菊のお茶」をお持ちくださいました。
ありがとうございました

スイーツの時間にいただきましたが、菊の味、しっかりと感じられておいしかったです。
秋らしいというのも、嬉しいですよね。
ゆっくりお茶ができる時間って、いいな〜、と思いました。
DSC03651 (2)-450


通信クラスの写真のサイトももうすぐできます。
お申込みをくださった皆様も、楽しみにしていてください!


  

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら 

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/  


DSC03620 (2)-450

文化の日は、いかがお過ごしでしたか?
久しぶりにいいお天気で、気持ちのいい一日でしたね。

先日、友人たちを呼んで食事会をしました。

その時に、ビーフブルギニョンも作って、食べてみてもらいました。

みんな、おいしいー!って言ってくれて、よかった!
クラスも楽しみにしていてください。


バフェスタイルで、少しずつ、たくさんの種類がつまめるようにしたので
ビーフブルギニョンもとりわけにしてみました。

こんな風に盛り付けたのは初めてだったのですが、
なかなか良かったです。

DSC03612 (2)-450
クリーミーマッシュポテトを下にひいて、
そのうえにお肉を置いて、

そこに、シチューをまわしかけて、
DSC03618 (2)-450

大きなスプーンで、ポテトとお肉、シチューをとりわけです。

ビーフブルギニョンというと、テーブルに座っていただく
おもてなしメニューと思っていましたが、
こんな盛り付けもいいです。

これからも、パーティーメニューに活用しようと思いました。

そのほかは、
DSC03592 (3)-450
去年のラザニアのクラスの時に作った、
レンコンとかぼちゃとホウレンソウのサラダ!

これもファンが多いですよね。
教室のレシピは役に立つなー、と自画自賛(笑)
こんな風にたくさん作らないといけないときも
手軽で負担が少なくて、助かっています。なので、つい!

スタートには、シャンパンに合う甘いクリームチーズのディップ
これもキケンで、止まらないです(笑)

14971529_1784362321820122_1123695963_o-400
ホタテとネギのオレンジ風味!

NYの時の人気メニュー☆ 修正したら、日本でも作れました。
いつかクラスでも作りましょう!

DSC03584 (2)-450
リンゴとドライフルーツのケーキ♡


食べて、飲んで、話して
楽しい夜でした。
14924131_1260176034061759_1880167500_o (2)-400



 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/

 

DSC03478 (7)-450

↑↑東京でのビーフブルギニオンは、こんな感じになりました。

まだ、試作なので、もう少し修正していきますが、
イメージはこんな感じ!


時間をかけて煮た牛肉を、たっぷりの赤ワインを使った煮汁をソースのようにして
いただくようにしました。
サイドディッシュのポテトのピューレを下にひいたので、
お肉、ソース、ポテトをパクリ、と、一緒に食べてください。


お肉はフォークでも切れるくらいまで柔らかくなっています。
シチューも深みのあるいい味になりました。

東京で買える材料で作った、東京風のビーフブルギニオンです。

いつも肉のことをブツブツ言っていますが、
日本のお肉もなかなかいいじゃない、って思いました。

DSC03486 (6)-450


ビーフブルギニョン、または、ブフ・ブルギニョン、と日本では呼ばれているようですが、

フランスの代表的な家庭料理です。

ブルギニョン、というのはブルゴーニュ地方の、という意味で
もとは、ブルゴーニュ地方でブルゴーニュの赤ワインを使って煮込んだのが始まりです。

欧米では、あまりにも一般的な料理のため
各家庭にそれぞれのレシピがあります。
家庭の数だけ、レシピがあるといってもいいでしょう。

寒い冬の日に、赤ワインとお肉のおいしそうなにおいが家の中に立ち込めるのは、
なかなかいいものです。

においでワインが飲めちゃいそうですね(笑)

欧米ではオーブンを使って作るので、家の中も暖かくなって、
なんとも幸せな時間です。


時間はかかりますが、作業時間は短いです。

そして、何よりも

前日に作れる。
当日は、ゆっくりできる。

ところがいいです。

ちょっと気が早いですが、
よいクリスマスをお楽しみください

今年のクリスマスメニューは、早めの11月22日(火)からスタートです。

クラスにいらしてくださった方たち全員が、
余裕をもって準備できる日程になっています。

クラスメニューは、ほぼ出来上がっていますが
お知らせまでにはもう少しお時間をくださいませ。

できるだけ早くお知らせしますね!

お楽しみに!
DSC03492 (4)-450

 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちらよりどうぞ。

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com
☆ 以前のブログはアメブロ →こちら
☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/


 

イエローチキンカレーと野菜の付け合わせ1
追加スケジュールのお知らせです。

10種類のスパイスを使って作るチキンカレーと野菜の付け合わせのクラス

12月23日(金、祝日)

追加クラスです。


そのほかのメニューや日程もあります。

HPのスケジュールのページより、見ていただけます。

よろしくお願いします。

 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら 

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/


DSC03436 (3)-450
↑↑
豆腐と豆苗の胡麻ドレッシングサラダ
昨日もまた、アレンジしました。


豆苗のサラダがすごい人気で、
驚いています。

メニューの中にグリーンがなかったので何か添えたかったのですが、
炒め物が多いクラスなので、
時間のかからないものを考えました。

クラスを始める前は、
これも、簡単すぎて申し訳ないかも、と思いましたが
ほかのメニューとのバランスで、このぐらい少ない材料で、
時間のかからないレシピでないといけなかったので、
メニューに入れることにしました。

毎回、豆苗おいしい!、買って帰ろー!、の声をいただいていて、
嬉しい限りです。



豆苗がマイブームになってきたら、
栄養があるっていうけど本当なの?、たくさん食べたほうがいいの?
って思い始めたので、調べてみました。

村上農園のサイトより

<豆苗は各種ビタミンを豊富に含んでおり、50g(村上農園の豆苗なら約1/2パック)で、
大人が1食で摂るべきビタミンCとビタミンKを十分に、ビタミンAと葉酸を
ほぼ摂取することができます。>

1/2パックで、1日分がとれちゃうんですね。
(1パックでも一回で食べれそうですから、1/2パックなんて簡単です!)

たいてい、1パックは100gで売られています。

記述によると、豆苗は、100グラム当たりのβカロテン、
ビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCなどが
一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回る野だそうです。

あの、お医者さんが一番食べたい食べ物の「トマト」さえも
上回っていました。



豆苗は、以前は高級食材で、中華料理店でしか食べれませんでした。

確かに、私もお店で食べておいしいと思ったあと、
家で作ろうと思っても豆苗はお店にありませんでした。
もう、15年ぐらい前の話です。
なので、普通の野菜と同じようにいつもあるのが、
ちょっと不思議な感じがしていました。

工場での栽培が始まったのは、1995年ごろからということですが、
その後、特に需要が高まったのが2008年のリーマンショック以降なのだそうです。

一般的になったのは比較的最近のことなんですね。

その後も、価格の安さと、安定した供給で、
特に不景気になると人気が上がるようです(笑)
今もちょうど野菜の値段が上がっている時なので、
もっと、親しみやすくなっちゃったんですね。

ひとつだけ注意点です。
調べていたら、豆類の茎にはレクチンという毒性があって、
それは加熱で分解されるのだそうです。
なので、豆苗を食べるときも生ばかりではなくて、
いろんな調理法でバランスよく、摂取するのがいいかと思いました。

あとは、ビタミンKを摂ってはいけないお薬を飲んでいる方は、
確認したほうがいいかもしれません。
(父がそうだったので、ちょっと気になりました。)

これまで、ホウレンソウやブロッコリーのほうが栄養があるように思っていましたが、
豆苗のほうがビタミンは多いようなので、緑の野菜の選択肢が増えました。

豆苗、もっと食べます

それにしても、クラスをやっていると勉強になることが多いな〜、としみじみ
 

栄養については、ここに詳しく出ています。 
村上農園のサイト


 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/ 


DSC03401-450

金曜日のクラスは、お知り合いだけの気心が知れたクラス!

お料理もお菓子もパンも、知り尽くしていらっしゃるマダムの方たちです。
私も毎回たくさん勉強をさせていただいています。

とっても和やかで、優しい時間が過ぎました。

冷たい雨の中を、ご参加くださいましてありがとうございました。


今日もいろいろとありましたが、

新しいゼラチンの溶かし方、

これまでのやり方と同じように滑らかに仕上がって、驚いていただけました。


私も初めて試したときは、
こんなやり方で、こんなにきれいに溶けるの?と
びっくりした方法です。

週末にいらっしゃる皆様も、楽しみにしていてください!


このマンゴプリン、
実は、あまりにも簡単すぎて申し訳ないかもと思い、
メニューに入れていいのか迷いました。

でも、たくさんの皆様に喜んでいただいけて、
本当によかったです。

簡単なほうがいいと思いながらも、
あまりにも簡単だと本当にそれでいいのか迷っちゃうんですよね(笑)

教室が役に立っているかな〜?と。

でも、お墨付きをいただいたので、
こんなに簡単でいいの?って思うお料理も、スイーツも
気にせずメニューに入れていこうと思いました

マンゴプリン、簡単ですけど、おいしくできてます


 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら
お申込み受付中のクラスは、空席状況をお問い合わせください。

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/


DSC03209 (2)-450

 酸辣湯もおかげさまで、大人気です。
毎回ひと口食べたところで、必ずどなたかが「オイシイ!」って
言ってくださっていて、よかったです。
これを楽しみにいらしている方も多いと思うので。

作りながら、ふと思ったのですが、、、

これって、具だくさんのスープ、お豆腐も卵も入っているから、
別に鶏肉が入らなくてもいいんじゃない?

そう思ったら、冷蔵庫に残っていた材料であっという間に作れてしまいました。

味付けに使う材料もわかっているし、具材を入れる手順もわかっているので、
あとは、スープの量に合わせて適当(ちゃんとしたい人は計算して)調味料を入れれば、
少ない量で作れます。

DSC03206 (2)-450
↑↑
1.5カップ分が作れる、すごく小さな鍋

なんだ、こんなに簡単だったんだ、ということで
最近は気が向くと少ない量で
「ひとり酸辣湯」を作っています

夕飯をあまり重くしたくないなー、と思う時にもいいです。

同じ理由で、
豆苗のサラダと、トマトと卵の炒め物、との組み合わせでの登場回数も多いです。

教室をやっていると、何度も同じお料理を作るので、
やっているうちに気づくことも多いです。

これからも、ブログでシェアしていきますね!
P1570251-450
↑↑
こっちは、教室で作った、ちゃんとした酸辣湯



 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/

↑このページのトップヘ