NYスタイルのお料理教室-NYCooking 東京目黒&ニューヨーク Since 2004

美味しい、簡単、見栄えがする!その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
NY在住18年。身近な材料を使って「NYらしいお料理」「役に立つお料理」の提案をしています。
目黒駅から徒歩1分。ニューヨーク教室:マンハッタン、ハリソン他

カテゴリ:目黒教室 > おもてなしの段取り

DSC04452 (3)-450
クリスマスメニュー・ビーフブルギニョンのクラス、
昨日で終了しました。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

毎回、すごく盛り上がって、本当に楽しかったです。
ひと足先のクリスマスを楽しませていただきました

毎回、まったく同じリアクションで、、、

まず、サラダから「おいしい!」が必ず出ましたよね。

ビーフブルギニョンは、たくさんの方たちから
「お店みたい!」「お店で食べるよりおいしい!」と言っていただけました。

それから、以前NYのクラスでこのメニューにご参加くださって、
2回目のご参加の方たちから、
「ニューヨークの時よりおいしい!」とも言っていただけました。

私もそう思います。

アメリカで買う牛肉と肉が違うので、処理も変えました。
日本のお肉、しかも、アメリカではあまり使わない部位ですが、
そちらで作ったビーフブルギニョン、すごくおいしかったです。

アメリカで食べていた方たちも、びっくりしていました。

肉の良さが出せた、自分でも満足したレシピができたと思います。



クリスマスにこのままのメニューで作ってみようという方も
多いと思います。
前回の中華の時も好評だったので、
今回も、おもてなしの段取りを書いておきます。

 まずは、リストを作って見える化
  前もって準備できることは、少しずつ進めていく。
 生鮮食品の買い物と、お料理 3日前、2日前、1日前
 当日はリラックス!



 まずは、リストを作って見える化

面倒に思うかもしれませんが、
ちょっと時間をとって、リストを作ってみます。
こうすると、計画的に進めることができますし、
いつも最後に慌てちゃうかも、という心配もなくなりますよ。

ショッピングリスト
 
前もって買えるものと、3日前に買うものにわけます。
今回のクラスメニューは、3日前にはすべての買い物が済ませられます。
サラダ菜が新鮮なものがあることを祈って。

前もって買えるもの
● 傷まないもの(ドライグッズ)の買い物を済ませてしまう。
● サラダ菜やチーズなど、特別なアイテムは買えるところを探す。
チーズは、賞味期限を確認して買えそうだったら買ってしまったほうがいいです。
● お肉屋さんで希望のお肉が買えるか聞いてみる、
予約して用意しておいてもらえるようだったら、そうする、など。
● 飲み物のプランも忘れずに!

これらは、いつものお買い物のついでに、少しずつしていくと、
気が付いたときは終わっていますよ。

そのほかのすることのリスト 
● お皿やテーブル、お花や家の中の飾り
● お掃除が必要なところがあったら、始めてしまいましょう。
今からやっておけば、あとで少しだけすればいいので、楽です。
● 人数が多いときは、冷蔵庫のスペースの確保も予定しておきます。
● ナプキンなどが必要だったら、それも、買ってしまいます。
● 人数が多いとき、食器が足りないようだったら、100均などで代用できないか、
考えてみます。
● 買い物に行く日をスケジュール表に書き入れたほうがいいようでしたら、そうしてしまいます。


 生鮮食品の買い物とお料理
 
3日前
● 買い物
これが意外と時間がかかります。ほしいものがなかった時などは大変
なので、前もって買えるものは、あったときに買い置きしておいたほうがこの時が楽なんです。
余裕があれば、次のお料理もしてしまいます。

● お料理
シチューの肉の漬け込み(忘れないでね!)
● 玉ねぎは、作って冷蔵庫にしまっておきます。
● パンは、切っておいて冷凍できます。
● アンチョビ、オリーブの準備
● サラダのサラダ菜以外のものの準備、ドレッシングも作って冷蔵庫に入れておけますよ。
● ケーキの計量と、リンゴ以外の中に入れるものやそのほかの材料の準備
● マッシュポテトのバターを切っておく。


2日前
● シチューを作る。早くからしないと、冷ます時間がなくなります。
でも、夜遅くに作った場合は、火を消した後、
朝まで置きっぱなしにして冷まして大丈夫です。(暖房なしのお部屋ですよ!)
● マッシュポテトを作る。


 1日前

● ケーキを焼く。
● サラダ菜を洗って、冷蔵庫にしまっておく。
● テーブルセッティングやグラスの用意
● 飲み物で、冷やすものがあれば冷やしておきます。


 いよいよ当日
アペタイザーはどんどん作って、並べてしまいましょう。

サラダは、いただく直前に。
梨を切らないといけないから、時間かかりますよね。
人数が多いときは、梨を角切りにして、サラダに混ぜてしまう、のもいいです。
そのほうが楽です。これも、おいしいですよ!

当日のシチューの温めなおしは、
最初から弱火で。量にもよりますが、15〜20分ぐらいで熱くなると思います。
タイマーをつけておくといいですよ。

マッシュポテトは、鍋で温めてもいいですが、
電子レンジを使うという手もあります。

どちらも、温めすぎに注意!です。
温めなおしって、意外と簡単ではないです。
ここでシチューを煮すぎてしまって、お肉がなくなっちゃった、なんていうことに
ならないように気を付けてくださいね。

教室の時は、一度熱くなるまで温めたら火を消して、盛り付けの直前にもう一度温めました。
こうしておくと、2度目の温めは1〜2分程度で熱いところに戻ります。


教室で、
「何でも2日前なので、この日が大変!」という声がありましたが、
そうなんです、
2日前は頑張って働く日、一日中キッチンにこもる日、
になります。

そうしておけば、
時間に余裕ができますから、当日はメイクもしっかり!
笑顔でリラックスして一日が過ごせますよ。

当日に慌てる!っていうことがなくなります。

以上、気が付くことを書いてみましたが、
まだまだ書き忘れもあるかも。
気が付いたら、書き足してしまってくださいね。

教室に長く通ってくださっている方たちから、
お客様をお呼びしたときに、慌てることがなくなりました、
おもてなしの段取りがよくなりました、

というフィードバックをよくいただきます。

こういうフィードバックをいただくと、
飛び上がっちゃうぐらい、嬉しいです

頑張りすぎないお料理と無理のない計画、
おもてなしの成功の決め手かな、って思ってます。 

頑張りすぎない、は大事です。

まずは、紙に書いて、見える化!

予定を立てれば、気持ちも楽になるし
やる気!も出てきます。

それから、みんなも褒めてくれます

よいホリデーをお過ごしください
DSC04825 (2)-450


☆ クラススケジュールは、このページのいちばん下やPC版のサイドバーからも見ていただけます。2回目以降のお申込みも、このブログからしていただけます。

☆ HPのクラスメニューとスケ
ジュール、初めてのお申し込みはこちら

_________________________________________________
美味しい!簡単!見栄えがする!
その日に作りたくなる、やる気にさせる料理教室!
目黒駅から徒歩1分!

☆HP:教室のご案内→www.nycooking.com
☆ 以前のブログはアメブロ →こちら
☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/


  
 

DSC03647 (5)-400
日曜日のクラス、
昨日もおしゃべりがたくさんで盛り上がって楽しかったです。
お話がはずんで延長になってしまいましたが、皆さん大丈夫だったでしょうか?

昨日のクラスで、
「これだけ作るのだったら同じように作っておもてなししたいですね!」、
なんて言っていただけました。

おうちで手作り中華が何点か一緒に出てきたら、うれしいですよね。

でも、中華は炒め物が多いので、おもてなしには難しいです。
やはりおもてなしの時には、オーブン料理や温めなおし、前もって用意できるお料理、
がおすすめです。

でも、せっかくなので
今回のクラスメニューでもおもてなしができないか、考えてみました。

出来そうですよ!



クラスメニューを全部一度に作るときは、
3日計画で、とよく言ってますが、3日間ですることの基本は同じです。

2日目の頑張って働く日ですが、

DSC03401 (2)-450
まず、マンゴプリンが一番最初に作れますね。
作って、冷蔵庫に入れて、終わりです。

お料理の合わせ調味料を作って、胡麻ドレッシングを作っておきます。

豆苗を切って、水をちゃんと切って、冷蔵庫に保存。
トッピングも作って別にしておきます。

DSC03114 (3)-450
酸辣湯、全部作れます。
片栗粉のとろみが気になるかもしれませんが、数日後に自分で食べたときは、
そんなに気になりませんでした。
スープの味がおいしかったので、そっちのほうが嬉しかったです。

余裕があれば、とろみをつける前まで作って、当日そのあとをする、
という方法もありますが、
ほかのお料理と一緒に仕上げようとすると大変になると思うので、
時間に余裕をもってできるようだったら、そうすればいいと思います。

DSC03000 (3)-450
豚肉とセロリの炒め物。
全部作ってしまって、冷蔵庫に保存。
お出しする前に、電子レンジで温めなおしです。


DSC03014 (2)-450
麻婆豆腐。
とろみをつける前までや、肉みそを作るところまで作っておく、というのも
ありだと思いますが、私は全部作ってしまうと思います。
これもタッパーに入れて保存。
お出しする前に、フライパンや鍋で温めなおします。

片栗粉を入れた後の工程、しっかり守ります。

DSC02980 (5)-450
トマトと卵の炒め物。
トマト、ニンニクなど、必要なものを切って、仕込みをしておきます。
これの調理は、お出しする前にします。

こうすると、3品は温めなおしで対応、一品調理、できます。
豆苗のサラダの仕上げ(ドレッシングとあえる)のは、卵のお料理の前のほうが
いいですよ。あえるのに、時間がかかるので、慌てそうです。



もちろん、作り立てがおいしいですが、
お友達が来てから慌てたり、ひとつ作った後にほかのお料理が冷めたりするより、
お料理がタイミングよく出てくるほうが、楽しく過ごせます。

電子レンジで温めなおし?と思うかもしれませんが、
実は、教室でもやってますよね(笑)
だれも、そのせいで味が落ちてる、とも思わないようですし、
みんな、「おいしい!」って言って食べてくれています。

だから、気にしているのは自分だけ、っていうこともあります。

それから、ご飯を炊くのを忘れないで!



2日目は頑張る日ですが、
3日前には、野菜を切ったりする、合わせ調味料やドレッシング、
マンゴプリンも作っちゃったりして、できそうなところはやっておくと次の日が楽です。
あと、お掃除と、お皿の計画などはしてしまったほうがいいですね。

読んでいると大変そうですが、
6品も作るので、多少大変になるのは仕方ないとして。

でも、計画してやっていけば、無理なくできる範囲だと思います。

あとは、普段からこれらのお料理を作って、自分でも食べていること。
それから、数日後に温めなおして食べてみて、自分もおいしい!って思えれば、
自信をもってお出しできます。

みんなが集まっておしゃべりが盛り上がれば、
お料理はパーフェクトでなくても大丈夫です。

食べて、飲んで、楽しい時間を過ごす!
これが一番大事です。
DSC03257 (4)-400


 

☆ クラススケジュール、クラスメニュー、お申し込みは→こちら

☆ HP:教室のご案内→www.nycooking.com

☆ 以前のブログはアメブロ →こちら

☆ インスタグラムやっています。
教室のお料理のイメージはフォトギャラリーで。
プライベートのアカウントもあります。どちらもフォローしていただけると嬉しいです!

♡#1 教室のお料理のフォトギャラリー:nycooking
https://www.instagram.com/nycooking/
♡#2 NYや東京の風景、プライベートの写真などは、nycooking_tyo_ny
https://www.instagram.com/nycooking_tyo_ny/

↑このページのトップヘ